FC2ブログ

ハリウッド・リライティング・バイブル   リンダ・シガー著

以前読んだ「脚本を書こう!」で著者の原田佳夏さんが紹介していたハ「リウッド・リライティング・バイブル」を本屋で発見しこの間はCG系の本を読んだのでまた、シナリオ関係の本を読んでみようと思い購入しました。
 ようやく、半分くらいまで読みました。
うーん、でも、プログラミングや数学、CG、ゲームなどの本は読んですぐに役立つことができるんですが、この自分が作って見たいと思うシナリオの本はいくら理屈やテクニックっぽいものが分かったも、なかなかすぐには使える気がしません。
 どうも、プログラム、数学、CG、ゲームなどとは違う難しさがあります・・・

「垂直思考」と「水平思考」というのがあるらしいのです。
数学、プログラムなどうは論理(知識)で考えていけばよい垂直思考だそうです。これは階層構造のようにきちんと整理された、学者の人などが作り上げた膨大な知識を使った(?)思考です。

アイディアを生んだりすることや、芸術的なことは「水平思考」だそうです。
 こちらは、まったく、無関係なことを沢山の無駄な時間をかけて色々と組み合わせて考える思考で、階層構造を無視して真横に何の関係ない事柄を結びつけて新しいアイディアなどを生む思考だそうです。

なんとなくなるほどと思いました。
 物語をつくったりするシナリオなどは、既にあるものを真似ても面白くないですから、勉強につかえる情報とは違った情報なのは明らかです。

この水平思考というのはすごく難しく、既にある情報をたどる垂直思考にすぐ思ってしまうような・・・

って、書いていて自分でもよく分からなくなったかも・・
スポンサーサイト

comment

Secret

たしか、任天堂の礎を築いた技術者
故横井軍平さんも平行思考が強かったみたいですよ。
フリー百科事典ウィキペティアより。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E4%BA%95%E8%BB%8D%E5%B9%B3
今の時代このような技術者が求められているのかもしれませんね。

任天堂の横井さんも水平思考を語っていたんですね。
気に入ったのでコピーさせてもらいました。
面白い情報をありがとうございます。

>今の時代このような技術者が求められているのかもしれませんね。

水平思考というのは、何となくどんな人にもチャンスがあるもののような気がします。色々な馬鹿げたことでもよく、理屈で考える必用のない思考ですから・・・
 日頃から意識していれば偶然に面白いアイディアが見つかるそんな思考だと思います。ただ、その偶然をバカにせずにしないということが大事な気がします。
 この水平思考はとにかく無駄な時間を膨大にかけて何かを発見するというものだと思います。

------------------------
枯れた技術の水平思考
横井の哲学に、「枯れた技術の水平思考」という言葉がある。

ここでいう「枯れた技術」とは、すでに広く使用されてメリット・デメリットが明らかになっている技術のことで、これを利用すると開発コストを低く抑えることができる。「水平思考」とは、今までなかった使い道を考えるということである。ゲーム作りは面白ければよく、ハイテクが必要なわけではない。むしろ高価なハイテクは商品開発の邪魔になる。そのためにごくありふれた技術を使い、それをまるで違う目的に使うことによってヒット商品というものは生まれるのではないか、という考えである。
----------------------------
プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク