FC2ブログ

シナリオの基礎技術(新井一著)を読み直す

シナリオの基礎技術(新井一著)を読み直す

シナリオの技術が詳しく載っていて面白く読み直した。
これで3度くらい読んだと思うがそのたびに発見がある。

技術が理解できても、シナリオを書くのは難しそうです・・
技術がちょっと分かると、シナリオからできているもの
映画、ドラマ、アニメ、漫画でもどういう風に作っている
か興味がわいてきて見るのが楽しくなる点ではよいかも・・

こういう見方は多分、映画なら映画評論家の目線だろうと
思う。評論家は技術的な面をみてあれこれ評論するのだろう
けど結局、実際に書かないという点では、どうなんだろうか
なんて感じました。実際にシナリオを書いている人は面白く
できなくてもかなり苦労して作っているんだろうにと・・・


今回この本で理解できたこと

●テーマとモチーフ

 テーマを感じる映画、ドラマ、アニメなどが僕は好きだと
感じていましたが、テーマがどんなものか分かったような気
がします。
 テーマとは「正義は勝つ」とか「友情は大切だ」、「恋愛
はすばらしいもの」、「戦争は酷いもので絶対やるべきでない」
といった言葉にできる方向を持った抽象的なものだそうです。

これらを言葉で言ってしまっては、そうですよね、その通りだ
とほとんどのかたが言うでしょう。

そこで、これらを言葉でなく作品のなかに溶け込まし、見終わ
った時に感じてもらうようにすることがシナリオの目的のよう
です。

これをどう溶け込ますかがつまり、物語を作って、その中で
登場人物が、事件などを解決したりしながらクライマックス
でテーマを感じてもらうことのようです。

そして、物語はどんなものか、主人公は誰か、どんな事件が
おきるのか、と具体的にしていくのです。

そしてテーマを表現するのにぴったりな物語、人物が用意
できたのがモチーフだそうです。
別の言い方ではモチーフが決まるとは作家のインスピレーシ
ョンがわいた瞬間だそうです。
スポンサーサイト

comment

Secret

PH3Dと今回のコメントについて

いわばはっきりと物語のテーマを出すのではなく、
うまく物語の中で表現するような感じですね。
最近のアニメやゲームのストーリーははっきりと
メインテーマを出しすぎていてテーマを感じるよう
な作品が少ないような気がするのです。有名な
作家の作品もよくメインテーマを書くしています
からね。あえてそちらのほうが面白いです。
今回のPH3Dも少しテーマが隠されているような
気がしました。
長文でごめんなさい。

PH3Dテーマのようなものが出せていたら、うれしいですが自分の目標がゲームの物語を作ってその中にテーマを表現してみたいと思っています
でも、それはすごく難しいのかもしれません。自分ではぜんぜんできてないと思います。


自分はハリウッッド映画など、あまりテーマらしきものを感じないなーと思っていたのですが、それはちょっとテーマというものを間違って捕らえているのかもしれないと思った本があります。
 テーマとは「道徳的なも」のではないかと思っていたのですが、とくに僕は道徳的なテーマが好きなのかもしれませんが・・・
 人それぞれ感じ方が違うかもしれませんが、宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」なら「人間と自然と科学技術の関係」のようなものとか、
 僕が一番好きなディズニーの「美女と野獣」は「愛とは・・・」みたいなものと道徳的なもの。

以前、読んだシルフィードさんの本では、この方がハリウッド映画などのシナリオを書いていた方で、テーマと何かを説明していたのですが、方向生のあるものは同じのようですが、道徳的でなくても、たとえば「ET」「レイダース 失われたアーク」などにテーマがやはりあるらしく。
 「ET]なら「宇宙人が一人地球に取り残され、地球人の子供と仲良くなって、協力して宇宙人を帰してあげる」

「レイダース 失われたアーク」なら、「考古学者が、古代の遺産アークを発見して、それを悪用しようとするドイツ軍の魔の手から守る」

などがテーマといえるそうです。
これは作品を短い文章で簡潔に説明できるものだそうです。
そういう意味ではすべての作品にはテーマがあるんですね

これから大変そう

シナリオをそこまで一生懸命に考えていたとは。
今回のPH3Dはちゃんとした物語が成り立っていましたからね。
(まだ本題に入っていないみたいだけど)
今まで本を参考にした成果が出てきたのかと思います。
私はシナリオがあってもなくてもゲームとしては楽しめると思うのですが、
どうしてもシナリオにもこだわるのであれば。
まず物語のメインテーマを考えたほうがいいと思います。
それに沿いながらサブテーマを考えて、
物語に組み込んでゆく。
ただ牛の牧場さんの言っていたとおり
物語に溶け込ませてゆくのがポイントだと思います。
そこが一番難しいと思います。

自分でもあまり、シナリオだ、テーマだそれが表現できなと作る意味がない・・
なんて、どんどんゲームを作ることを難しく考えてつらくなりそうです(笑い)
自分のちょっとした「目標」くらいに気楽に考えるようしないと・・・
プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク