FC2ブログ

「脚本を書こう!」を読み終えた

「脚本を書こう!」原田佳夏著

区立図書館で見つけたこの本を読み終えた。
結構面白かったです。

●参考になったところ
人間は自分の期待していることと現実にギャップがあることをいやがる性質があるようです。したがって、ギャップを生み出すことを避けようとする本能がはたらくのです。つまり、「イメージが形式にできない」というのはあなた自身が「イメージを形にしない」でいるかなにほかならないのです。なぜなら、どうしてもギャップがうまれるのをすでにわかっているからなのです。この解決は「ギャップを承知でイメージを形にする訓練」をすることです。でも、これはひどく億劫な作業です。だって、本能がいやがっていることをするのですから。

原田佳夏さんのホームページ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hararara/


スポンサーサイト

comment

Secret

感想

どうもコメントさせていただきます。
文を見て思ったのですがギャップを受け入れて何かを形にするのは口で言うのは簡単ですがやってみるとすぐにやめたくなるのは確かだと思います。
作者もかなりギャップを受け入れてきたのでしょうね。

こんにちわ。

この文章を読んで自分なりにすごく納得したんですが。
何かを作ろうとしていて、やめたくなることがあるんですが、その原因が
脳が作ろうとしているイメージと現実に作っているもののギャップを判定
してしまい、やめるように指令がくるんじゃないかなと?
 しかも、知らず知らずのうち(無意識)に・・・

その指令になんとかはむかうようにしないと駄目かな

とりあげていただいて感謝です

イメージを形にするのにとっても苦労しながら日々精進している原田佳夏です。
拙書を取り上げていただいて本当にありがとうございました。
また、コメントをいただいた方にも感謝です。
この作業はとても大変なことですが、うまくいくととっても快感です。
いつかチャレンジしてみてくださいませ。
自分に関するところしか拝見せずコメントする無礼をお許しください。
ブログ、ゆっくりじっくり拝見に伺います。
まずは、心からの感謝を込めて。

はじめまして

はじめまして。原田さん。

読んだ本を書いた方に書き込みしていただけるなんて・・感激です。
「本の一部を載せてしまって大丈夫だったのかな?」とちょっと焦って
います。

脚本家のお仕事をされている方なんて憧れです。
本をよんでみてお仕事としてなかなか厳しい環境なんだななんて
なんとなく感じました。

映画やTVドラマなどが好きなんですが、とくにテーマを感じられる
ものが好きです。
 多分自分の好きな部分を作っているのが脚本(シナリオ)なんだな
なんて勝手に思っています。
見る人によるんでしょうが、見終わってテーマが分からなかったりす
るとCGとかすごくても、ちょっとなーと思います。
 素人の意見ですが最近の映画やTVドラマでは理解不明なものが
多いような感じもするのですが、最近のはやりなのかな?なんて思う
こともあります・・・(素人の勝手な意見ですみません)

ゲームで映画やドラマのようなテーマを感じるようなシナリオができたら
なーという夢があって、シナリオの本などを読んでいました。
 だから、作る難しさを実感しました。だから実際に作って仕事にしてる
方の批判なんてとんでもないですね。

今後もシナリオのお仕事がんばってください




びっくりしました

まさか作者本人からコメントをもらえるとは。
かなりびっくりしました。
コメントをもらえてよかったですねしゃれこうべさん。

本当にびっくりしました。
うれしいです。
プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク