FC2ブログ

シナリオ入門を読みなおして見た

別冊宝島シナリオ入門 シド・フィールド著
を読み直してみた。
 
 シナリオのパラダイムというシナリオの構造が説明されていてなんとなく納得できた。物語のつくり方がわかるといいなと読み直してみたんですが。本を100回読んでもだめで、シナリオを実際に書いて試行錯誤しないと駄目だって・・


●この本で参考になった言葉
自分の批判や評価が執筆(創作)の妨げになるか否かはあなた次第だる。焦ったり、自分の書いているものを自分で批判しているのに気づいたら心を落ち着かせる為批判に耳を傾けなさい。
 シナリオを書いているとき、あなたの後頭部にある、批判を司る領域は情け容赦なく批判する。その批判はあなたにつきまとい、悩ませることだろう。時には批判を何とかしなければならないこともある。-今もそういう状態なのかもしれない。

・たしかに、この経験はシナリオに限らず何かを作ろうとすると沸き起こってくる感情のような気がします。それをコントロールする必要があると言っているようです。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク