FC2ブログ

糖質制限

糖質制限はやってみるとびっくりするくらい効果があります。これは実践してみた人にしか判りません。痩せている人の場合は太っている人ほどスルスルとは体重が落ちませんが、体重の維持がとても楽にできます

糖質制限は

「糖質から得る熱量を減らす代わりに"脂質から得る熱量"を増やすことで痩せる」

という理論なんです。だから糖質に比べて脂質が"かなり"多い食べ物をなるべく選ぶべきです。枝豆と納豆は糖質が多すぎて食べてはいけない食品、というほどではないですが、「食べ過ぎ注意」な食品だと思います。


糖質制限では一食の糖質ができれば20g以内、ゆるい糖質制限でも40g以内に抑えるのが目標になりますから、ご注意ください。

ただし糖質制限では糖質の量にはそれなりに敏感になる必要がある、というのが私の経験です。裏を返せば糖質量さえ設定を超えなければ甘い物、例えばフルーツなども食べてよいのです。


まとめると

大豆は食べ方による。豆腐は優秀。枝豆は要注意。
バタピーはOK。
いかり豆はNG、

ということになります。要注意なものを食べる場合は、他の炭水化物は摂らないようにしましょう。NGのものはそれ単独で不可、なので食べてはいけません。
------------------------------------------
糖質制限を実践していて、日頃からいざというときの食料としてナッツ類を愛用している者としてお答えします。
豆類、ナッツ類にもいろいろあって、糖質制限の観点から食べないほうがいいものと、食べてもOKなものがあります。

納豆も実は枝豆とあまり変わりません。100gでタンパク質16.5g、脂質10.0g、糖質9.8gです(脂質対糖質=1.0 : 0.98)。チェックポイントはタンパク質の量ではなく、脂質に対する糖質の量です。枝豆でも納豆でも糖質と脂質の量があまり変わらないことに注目してください。ワンパックで大体50gと思っておくといいです。私は納豆が好きなのでツーパックくらいすぐに食べてしまいますが、糖質量的にはこれで限界です。


同じ大豆系食品でも「豆腐」は極めて優秀です。100gでタンパク質6.8g、脂質5.0gなのに対して糖質はたったの0.8gしかありません(脂質対糖質=1.0 : 0.16)。これならほぼいくら食べてOK。豆腐の場合は、加工の途中で糖質がどこかに行ってしまうのでしょうね。

同じような観点でバタピーを見てみると100g中タンパク質25.5g、脂質51.3gに対し糖質は15.2gしかなく、実は枝豆や納豆よりもバタピーの方が脂質対糖質の比で優秀です(脂質対糖質=1.0 : 0.29)。

いかり豆はというと、100g中タンパク質24.7g、脂質20.8g、糖質46.4gで、比べるまでもなく糖質多すぎ(脂質対糖質=1.0 : 2.2)。これは糖質の塊と思った方がいいですね。これを食べているうちは糖質制限になりません。

Q豆類は太らない?
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク