FC2ブログ

なるほど!とわかる線形代数 松野陽一郎著

線形代数の本を図書館で借りて復習(?)しています。
この本は僕には抽象的すぎて読むのが大変です。
写像、Im,Ker、次元・・理解できません。

でも、
面白いことも載っていました。

P30 高校の数学を思い出しましょう。そこでのベクトルと幾何ベクトル、黒板に描かれた「まっすぐな矢印」「向きのついた線分」でした。しかし奇妙なことにこの矢印は計算ができるのでした。図形どうしが計算できるなどということは、それまでにはなかったことです。

この説明は僕には、しっくりきました。
僕が数学の中でも、とくに線形代数(?)・・いえ、ベクトルや行列が好き(?)なのはこの点のような気がします。

「ベクトルや行列というものが幾何学的解釈そのもの」

という感じがするのもこの点だとあらためて感じました。

from azui
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク