FC2ブログ

モンスター達の町の利点(2) from azui

僕はモンスター達の住む町に住んでいます。
ギャンブル(パチンコ、競馬、競輪、ボートレース)、風俗店がたくさんある町です。
とても治安が悪い町です。(たぶん・・・)
どんな恐ろしい人間がが町に住んでいるのか知れません。

これらは明らかな欠点でしょう。

ですが考えようによっては利点もあります。
変は人も目立ちます。(僕もその中の一人ですが・・)よく、警察官と口論している恐ろしい人を見かけます。

ですが、実は町に住む(普通の?)人々はとても礼儀、正しいように感られます。
それは、僕は自転車で色々な町をいっているからそう感じるのですが。

モンスター達の町に住む普通の人たちは、どんな人間が周囲にいるのかわからないのでとても、他人に気を使っているようなのです。ちょっとしたことで、もめごとになるかわかりませんから・・・
日々、不安のなかにいるからなのかもしれません。

ですが、僕はそんな町が居心地がいいようです。
僕自身が、少し、モンスター(スライム程度ですが・・)だからかもしれません。礼儀正しい相手にわざわざ喧嘩を仕掛けるほどのモンスターではありません。相手が自分を馬鹿にしたり、なめていると感じると腹が立つっくらいです。(たぶん)

ちょっと、治安のいい町、おしゃれな、お金持ちの町に住む人々とは違いがあるようです。
そういった町の住人はあまり礼儀がよくないように感じます。
礼儀というか、他人に気遣いをあまりしないようです。
たぶん、そういった治安のいい町は安全です。だから、他人がまったく、怖くないのでしょう。
それはお互いそうです。みんな安全だと思っているから、あとは自分の主張をいかに通すかだけです。
とても、気分の悪い住みにくい町になってしまうでしょう。(僕的には)
それは僕にとっては「治安の良い町の欠点」です。


これは多分、

「他人(人間)をなめている」

からではないかと考えるようになりました。
お互い相手を馬鹿にし合っているような気もします。

相手がどんな相手かわからず、怖いと感じるならば、お互い気遣いし合うもののようです。

結局、他人を尊敬したり、きづかったりすることは人間にはできないのかもしれません。
礼儀や気遣いというものは、他人に対する、不安、恐怖の中に生まれるものなのかもしれません・・・

from azui

P.S
そういった他人をなめているような人の住む町へは、「サングラス」をしてフェイクしていきましょう。
ある程度効果がみられるでしょう。

抗議の電話とモンスター達の利点 from azui
モンスター達の町の利点 from azui

もっと大きく視ると「平和」の欠点なのかもしれません。
欠点なので、たぶん、それはどうしようもない事だと僕は思います。(トレードオフ。二律背反なのでしょう。)


子供らが、「イジメ」とかを学校ですることも、これらが原因の1つではないかと思いあたりました。
子供らは自分が安心な場所にいることを知っているのでしょう。
ですが、大人になって社会にでれば、他人というものがどれほど恐ろしいか知ることになるのだと思うのですが・・・
早めにそれを教えてあげておいたほうがいいのかもしれません。

やさしい大人であることも利点はありますが、欠点というものもあることを考えてみたほうがいいのではないかと思います。

僕は思ったのですが、

「大人が子供を叱ることを駄目」だという風潮があります。

僕も、そう思っていました。叱ったり、ぶったり、しなくても話して、子供(若者、大人であっても)を納得させるべきだと。
たしかに、それも一理あります。
子供を恐怖でおさえこむことはよくないと感じてもいました。他人であってもですが・・

ですが、「平和、安全というものの欠点」だとするならば、そういった怖さというものも必要なのかもしれません。

そういった「恐怖」を利用するのですが、それは大人(自分)の利益の為に使ってはならないという前提が必要なのかなと思います。

子供を恐怖でコントロール(?)して、虐待する大人や、少女、少年に猥褻な行為を行うなどする大人がいるから、大人が躾としての恐怖というものが使えなくなってしまっているのかもしれません。

大人(他人、人間)は怖いものだということを子供には教えておかねければ、彼らは他人をなめてしまう人間に育ってしまうのではないかと・・

from azui




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

syarekoube

Author:syarekoube
しゃれこうべとあずいの2人によるブログです。
主にアクションゲーム制作について発表しています。
あと、数学の研究です。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク